teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


パンチさん

 投稿者:バズライトイヤー  投稿日:2018年 7月18日(水)03時19分46秒
返信・引用
  いよいよですね!
いつものパンチさんが帰って来ましたね。

自分も行っとけば良かった…と思わせるような投稿待ってます。

でもいざ行ってみると同じようにはいかないんですけどね。

ロングさん、浮気ばかりでなくたまには南川でお会いしましょう。
 
 

釣果報告

 投稿者:パンチ健  投稿日:2018年 7月17日(火)23時11分27秒
返信・引用
   前半 塩瀬、岩盤しか追わず、飛び付き採ってあるのか?。

後半 兵瀬、押しキツかったので複合、比較的テンポ良かった。


7月17日(火曜日)

天  気:晴れ

水  況:やや増水気味

水  温:朝・23℃、昼・25℃、夕・26℃

場所 & 時間:am9:00~pm2:00 塩瀬 フロロ泳がせ (9匹)
       pm2:30~pm4:00 なかよし橋下流 兵瀬 複合べた引き(11匹)

釣  果:17cm~22cmを 20匹(今日も2匹残し釣果画像と同)

仕 掛 け:竿・9m(穂先SMT) 水中糸・フロロ0.2号&複合0.07 中ハリス・0.8号(極楽瀬針&がま・ピット逆さ2)

ハ  リ:一角6号×4本、がまかつ競技SP(速攻)6.5号×4本

 サンライズさんお疲れさんです、まだまだ納得いきませんがまぁ今後に期待できそうです、

新佐さん、40g売り切れ 今後は60gオンリーかも、60g良く泳ぐしいい感じでした、オトリカンに何日置いといても 泳ぎそうな(^o^)。
 

いよいよ

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 7月17日(火)11時07分4秒
返信・引用
  パンチさん、ボチボチ掛かり始めたようですね!
今日も何人か竿を出しておられます!

もう少し新垢が付きだすと楽しみですね~
けど、この猛暑だと今度は渇水が心配されます。

新佐さんも今年は囮専用の鮎を仕入れてくださってるようですね!

南川、これから期待です!!!
 

オトリ鮎

 投稿者:パンチ健  投稿日:2018年 7月17日(火)00時51分59秒
返信・引用
  今年のオトリ鮎、料理旅館 新佐さんで買ってます、

大きめのオトリ良いですね(^^)、高水だったり 押しの強い瀬でも ギュイーンと潜るし

やっぱりスタミナ有りますは、掛かる鮎もますますデカくなるしネ(^_^)v。
 

久々の南川です!

 投稿者:パンチ健  投稿日:2018年 7月17日(火)00時40分40秒
返信・引用
   釣果報告です、

最初は塩瀬に入ろうかと思ってましたが 下中散髪の前の橋から川を見ると、残り垢も有るし

新垢も付き始めてます、良い感じやなと思い散髪前から~橋のシモの瀬尻辺りまでやりました。


 意外にまずまずの追いでした、これで平水まで戻って新垢しっかり付いてくれば かなり楽しみです(^^)。


7月16日(月)

天  気:晴れ

水  況:増水気味

水  温:朝・23℃、昼・25℃、夕・26℃

場  所:久坂大橋周辺~橋下流域

時  間:am9:00~pm3:30

釣  果:16cm~21cmを 21匹(オトリ2匹残し画像は19匹)

仕 掛 け:竿・9m(穂先SMT) 水中糸・フロロ0.2号 中ハリス・0.8号(極楽背バリ&がま,ピット逆さ2)

ハ  リ:一角6号×4本、がまかつ競技SP(速攻)6.5号×4本


 大水の後なので鮎達ヒョロヒョロ!ハナカン通すのかわいそうなのも居ましたネ(^_^;)。
 

毎日熱中症

 投稿者:洛西のロング  投稿日:2018年 7月16日(月)17時07分40秒
返信・引用
  バズさん正解ですよ。36度までなら女性が周りに?いっぱい居てるぐらいに思ってましたが、38度を超えると周りに男がいっぱいいるようで、とても鮎釣りをする気になりません。でも近日中に琵琶湖からいっぱい遡上している川へ鮎を網で掬いに行って来ます。乞うご期待!  

暑いです

 投稿者:バズライトイヤー  投稿日:2018年 7月16日(月)10時29分6秒
返信・引用
  3連休中1日釣りに行く予定でしたが、連日の暑さでかなりバテ気味な上、川もまだ白川に近いとのことで断念してしまいました。
しかし暑いです。
皆さん熱中症にはくれぐれもご注意を!
 

ありがとう!

 投稿者:ノースフェイス  投稿日:2018年 7月15日(日)18時34分4秒
返信・引用
  南川の川の様子  気に成ってました。券はうけましたが一度も行ってません。又情報おねがいします。ありがとう!。  

川を見て来ました!

 投稿者:パンチ健  投稿日:2018年 7月14日(土)20時17分38秒
返信・引用
   川を見て来ました、

中流域は 所々大石や岩盤帯に残り垢が有りました。

画像1:なかよし橋下流(兵瀬)、ここは大水のあと比較的垢が残るポイントです。

画像2:塩瀬、岩盤帯にキラキラと鮎が見えてました、付き鮎の様でしたが

    追うかどうかは分かりません。

画像3:塩瀬、キラリと竿が1本見えてました、良い所を攻めてらっしゃいますが

    掛かっているかどうか?は確認していません。
 

川を見てきました。

 投稿者:パンチ健  投稿日:2018年 7月14日(土)19時53分22秒
返信・引用
   川を見て来ました、

下流域は全体的に白川状態でした。

画像1:口名田橋下流

画像2:飛川橋下流

画像3:中井橋上流、岩盤に残り垢が有り 群れ鮎がキラキラしてましたが、

    オトリを追うかどうかは分かりません。
 

Re: 週末

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 7月13日(金)13時58分49秒
返信・引用
  > No.2439[元記事へ]

水位もだいぶ下がり、ようやく底石が見てて来ました。
しかし、まだ20~30cm高、薄い笹濁り
今日は上流で工事をしているのか、中流域まで少し濁りがあります。


今朝、川を見てきましたが、流芯部はほぼ白川状態、けど部分的に垢は残ってる場所もあります。
垢の残ってる石に付いている鮎もけっこう見えましたよ。
今まで付いていなかった岩盤の上で食んでる鮎も確認しました。
今回の水で、ちょっとバラけてくれたかなと思います。

週末、垢の残ってる所を狙えば、期待できます・・・希望です!
 

週末

 投稿者:バズライトイヤー  投稿日:2018年 7月13日(金)02時44分8秒
返信・引用
  そろそろ釣り出来そうでしょうか?
まだ真っ白ですかね。
 

河川状況

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 7月10日(火)16時41分14秒
返信・引用
  7月10日 16:30現在 相生橋

50cm高 濃い笹濁
新垢が付くまで、まだ3、4日は無理かも
週末には大丈夫かな・・・
 

南川

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 7月 7日(土)08時04分25秒
返信・引用
  京都の皆さま大丈夫ですか?鴨川、桂川大丈夫ですかね?
被害がない事を願ってます。

南川も結構増水してますが、昨年の秋の台風の時ほど増水はしてないです。
雨雲の動きを見ていたら、若狭湾近辺が割りと抜けてくれてます。
ただ、滋賀県境が雨もきついようで、北川のほうが水位は高いかも・・・(未確認)

162号線、堀越峠が通行止めになっているようですので注意してください。

この増水で鮎が散らばり好転する事を願うばかりです、これからのシーズンに期待です。

来週末には竿出せると良いのですが・・・

写真は、7時30分現在  飛川橋から
 

雨はどうですか

 投稿者:バズライトイヤー  投稿日:2018年 7月 6日(金)21時09分18秒
返信・引用
  京都は大雨ですが南川はどうですか?  

今週も

 投稿者:バズライトイヤー  投稿日:2018年 7月 4日(水)23時52分25秒
返信・引用
  今週も雨模様ですね。。。
恵みの雨になってくれることを期待します。
仕事の都合で今週も釣りに行けないので、その間に好転してくれたらなあ。
 

水況

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 6月29日(金)18時56分23秒
返信・引用
  6月29日金曜日 18:30現在  口名田地区
20㎝高  笹濁り

午後からの局地的な強い雨により少し増水しました。
現在は雨も小降りですが、上流部の雨量によっては、まだ増水、濁りも強くなる可能性あり。
 

福井新聞

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 6月28日(木)07時32分16秒
返信・引用
  昨日、試験的に試みてみました。  

久しぶりに

 投稿者:懲りない鮎師の  投稿日:2018年 6月26日(火)16時22分42秒
返信・引用
  又釣れなくてもともとの気持ちで、雨のあと狙いで中名田橋下流へ午後入川、下流で16cmゲットしてからボチボチ掛り早瀨で20cmが入れ掛り4時納竿14匹の釣果
これから期待出来そうです。
 

鮎はいたけど

 投稿者:老釣り師  投稿日:2018年 6月24日(日)16時45分45秒
返信・引用
  相生の上追いなし。上に移動。瀬型の開きに鮎がうじゃうじゃと集団でいてビックリ。
しかし竿を出す準備完了後見ると鮎は1匹もいなくなっていた。下の瀬も追いなし。
多分上の深い淵へ移動したと思われる。集団で食みに来て、垢が良くなくて縄張りを持たない
のでは?何かおかしいな?
 

河川状況

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 6月22日(金)17時48分44秒
返信・引用
  6月22日(金)晴 17時45分現在 南川 口名田地区

10cm高  濁り無し

一昨日の雨で少し濁りも入り増水しましたが・・・
さて、良くなっているのかな・・・?


明日天気が回復し日差しがあれば、本来なら最高の条件なのでしょうが・・・
まだまだ厳しい状況だと思います。
 

今日は釣れるかな

 投稿者:懲りない鮎師  投稿日:2018年 6月19日(火)23時49分22秒
返信・引用
  月曜日に南川に行こうと思い 余り早くいってもどうせ釣れないので 7時40分に家を出てしばらく走っていると、車が突然横滑り 一瞬パンクかと思ったが電柱は揺れてるし石垣から土煙 地震と気が付き停車 緊急地震メールが鳴りやまず、帰宅し家を点検 片付けをしました。被災された方お見舞い申し上げます。6/19火曜日 天気予報は午前中晴れなので南川に 釣れないで元々の気持ちで、おとり屋の情報で下流が鮎がみられるとのことで、飛川 公民館前の瀬に入るも反応なし、すぐに なぜかおとり鮎が脳天に針が刺さったでもないのにノックダウン ついてないね! 移動 中井橋へ 川を見ると鮎の群れがいて 良い型の鮎がジャンプしたりしていたので入るも すぐに散り どうもまだ石についていない様子、又移動 中名田橋下流へ ヘロヘロの囮を 背針と重りでだまし探ると あきらめた瞬間 目印が飛び慎重に取り込む 16cmのスリムな体形の海産鮎でした。これで囮が変わり 泳がすと目印がビューンと飛び又同型の鮎が釣ましたが後が続かず、下流瀬迄釣下がるも反応なし 又場所移動 秋和橋下流の瀬に移動するもまったく反応なし 厚い雲が出て雨が降る前に納竿 名名田橋から下迄は天然物が遡上し大きくなっているようだ。今夜からの大雨でどうなることでしょうか。今日の釣果は2匹 0よりましかな?   

依然鮎か見えない

 投稿者:京都の鮎釣り師  投稿日:2018年 6月18日(月)22時54分1秒
返信・引用
   本日月曜日に久坂の新左さんにておとり鮎を買って午前9時頃から午後2時中名田橋から下流域のロックシェイト辺りまでを釣り下がったのですが、鮎はつれず釣れたのはウグイとオイカワのみで、私と友人の二人他の釣り人見当たらず貸し切り状態の南川・鮎はところどころに見えすがまだまだ小さく、むれ鮎ばかりで梅雨明けに期待><?  

皆さん、ボチボチ追いはじめて来た見たいですネ?

 投稿者:パンチ健  投稿日:2018年 6月18日(月)19時39分59秒
返信・引用
   本日の釣果報告です。

増水後、久坂辺り~中名田近辺が石の色良くなって来たので やってみました。

今一では有りましたが、型は抜群でした。

6月18日(月曜日)

天  気:曇り時々晴れ

水  況:平水

水  温:朝・18℃、夕・21℃

場  所: 中名田橋下流

時  間:am9:30~pm3:30

釣  果:16cm~20cmを 12匹

仕 掛 け:竿・9m(穂先SMT) 水中糸・フロロ0.175号 中ハリス・0.6号(極楽瀬針&がま・ピット逆さ2)

ハ  リ:一角6.5号×4本、一角6号×4本、シフト6.5号×4本、がまかつ競技SP(速攻)6.5号×4本
 

今日

 投稿者:ペンキ屋西田君  投稿日:2018年 6月17日(日)21時48分46秒
返信・引用
  南川入りました

ボチボチ掛けにいって20?かな?
群れ鮎無視で
ちょい瀬1本勝負です
サイズわ18から22ぐらいまで
引き釣りからピンポイントまで
瀬の中でも深溝があって水通しがいいラインがよかったです
下のほうが鮎わ多いです
しんどいですけど
瀬での勝負が一番早いと思います
参考までに
 

釣り専用区の現況

 投稿者:他所の通りすがり  投稿日:2018年 6月17日(日)10時45分37秒
返信・引用
  おじゃまします。
通りすがりの者ですが、
ヤマメを探していたら
30~50㎝の鯉が、点在してます。
こんな、浅瀬に登ってくるのは
産卵期なんですか?
因みに、皆さんの本命の
ギラギラする魚影は無いです。
おじゃましました。
 

今年初めての友釣り

 投稿者:レットバロン  投稿日:2018年 6月14日(木)22時57分7秒
返信・引用
  今日は、鮎が見えなかったですが釣り専用区で友釣りをしてみました。水温は低めで18.4度、良い水量だったので14~16cmのが六つ掛かりました。一つは33cmの皐月で初めてのことでびっくりしました(放流しました)。 ようやく専用区でも掛かるようになってきたのかなぁ^^。  

河川状況

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 6月13日(水)16時54分20秒
返信・引用
  6月13日(水)小雨 16時45分現在 南川 口名田地区

20cm高  笹濁り 水温低し

昨日の雨で少し増水しました。
この水で、鮎も動いてくれるといいのですが!

明日天気が回復し日差しがあれば、本来なら最高の条件なのでしょうが・・・
まだまだ厳しい状況だと思います。
 

水況

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 6月12日(火)07時39分14秒
返信・引用
  6月12日(土)小雨 7時30分現在 南川 口名田

15cm高  濁りほぼ無し

良い釣果報告も入っていません。
厳しい状況が続いています。

今日の雨に期待です。
 

土曜日の様子

 投稿者:バズライトイヤー  投稿日:2018年 6月11日(月)02時59分0秒
返信・引用
  土曜日様子見に行きました。
釣りに行くと思うとダメージが大きいので、あくまでも様子見に行ってついでに竿を出すと思い込んで行ってます。

専用区では姿が見えないので、一気に27号線まで行ってみましたがここもまったく。
結局パンチさん情報に乗っかって高速の下流の橋に行ってみました。
川をじっと見ていると無数のアユが食んでます。
15㎝くらいのも見えますが、ほとんどがちっちゃい。
どうかな~と思いながらオトリを泳がしてみましたが、3時間反応なしで撃沈でした。
瀬になってる場所の流心がとてもいい感じに見えるのですが何の反応もなし。
釣ってるとヘチのところでやたらとキラキラします。
だからと言ってヘチをつってみても反応ありません。
小さいアユがほとんどで、まだまだ縄張りを持つには早いようです。

その後、上流部の様子も見に久坂堰堤上流部に行ってみましたが、まったく気配なし。
橋の上から見ていると、10㎝に満たないくらいの集団が泳いでます。
放流モノにしては小さすぎると思いますが、釣れるようになるにはまだまだな感じでした。

2週間ほど用事で釣行できないので、その間に大きくなってくれることに期待してます。

アユ以上に釣り人が少ないです。南川に来るようになって10年以上経ちますが、他の釣り人を見なかったのは初めてです。しかも土曜日。
今なら全川貸し切りです。
 

初めての南川

 投稿者:鮎つり二年生  投稿日:2018年 6月 9日(土)19時32分16秒
返信・引用
  新佐さんで、囮を購入しました。店主に薦められた場所で、4匹釣れました。先週、郡上でゼロだったので、今年初めての鮎に巡り会えました。一層鮎つりにハマりそうです。  

現況

 投稿者:Juunibou  投稿日:2018年 6月 9日(土)09時15分0秒
返信・引用
  6/9 9:15 小雨 濁りなし
誰も入川してません!
貸し切りです。
 

水況

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 6月 9日(土)07時00分38秒
返信・引用
  6月9日(土)7時現在 南川 口名田

10cm高  濁りほぼ無し

昨日の雷雨も、殆ど増水せず。
厳しい状況が続きます。

下流域では縄張りを持った鮎がチラホラ確認できるようになりました。

梅雨の雨に期待です。
 

今日わ鮎

 投稿者:ペンキ屋西田君  投稿日:2018年 6月 8日(金)20時19分53秒
返信・引用
  今日南川入りました
出し掛かり
プチ入れ掛かり
ありました
囮合わして10です
 

鮎わいっぱい居ました

 投稿者:ペンキ屋西田君  投稿日:2018年 6月 7日(木)15時49分32秒
返信・引用
  24号線の橋周りのチャラ瀬やらちょい瀬にいっぱい鮎居ましたよ( 。゚Д゚。)

僕わ南川の河口
北川の河口でルアーでスズキして
鮎もして
南川北川で遊びまくってる若僧ですが
勝手にすみません

かなりの群れ鮎がチャラ瀬でギラギラして
石にわハミ跡がいっぱいありました
遠目でちょい瀬の石眺めてたら
やっぱり縄張り持った鮎も居ました
デカイハミ跡も
後半の南川がすごい楽しみになるハミ跡でした

 

サイズの話、川との向かい合い方の話。

 投稿者:下中さんの弟子のひとり  投稿日:2018年 6月 7日(木)10時42分24秒
返信・引用
  現実逃避をするわけでは無いのですが、数が釣れない→サイズに期待出来るというのはあるかもしれません。
現に昨年も、数的には最悪でしたがその代わりに大鮎の情報が後半賑わいましたね。

私も常連さんが尺近い大物に竿をへし折られた話を下中のおっちゃんから聞いて、二匹目のドジョウならぬ鮎を狙って見事に返り討ちに遇いました。(笑)

川鵜、公共工事、運営体制と様々な問題を抱えている南川(北川)ですが、それでも皆が見捨てないのはそれ以外に大きな魅力があるのだからだと思います。

例えば京都の有名河川よりは長い釣期、天然遡上がある環境、そして何より大きかったのは、偉大なリバーキーパーである下中さんの存在です。

下中さんがおられなかったら、南川は友釣りが隆盛を極めていた時代(90年代?)の一時「天然豊富な穴場」と騒がれてその後はきっと皆の記憶から忘れ去られていたのではと思います。

その「大きな柱」を失った今シーズン、みんなの気持ちがすさみがちなのは仕方ないのかも知れませんが、
おっちゃんが生きていたらどうだっただろうと
考える次第です。

きっとおっちゃんも釣れん事を嘆き、河川管理体制には私達以上に憤りを感じたでしょうが、決して罵詈雑言は望まなかったと思います。

昨年以前に一度でも下中さんに世話になった事のある人は、文句は言っても酷い言葉遣いや侮辱は止めましょう。
(あ、「下中?んなもん知るかい」とか言う人はこの掲示板出入り禁止です。ここは漁協と関係無い、レジェンドリバーキーパーが立てた(立て直した)掲示板なので。)

直接の会話とは違い、メールやネット掲示板では「解釈」の違いで誤解が生じがちです。
組合幹部の仕事の事を尋ねられた方も、「組織の独立性」に原因があるのではと心配されたのでしょう。その観点なら広義の関係はあります。

一方で「黙っとけ!」と言った方も、言葉はワイルドだが「ここは私的な、鮎釣り好きの集う場所。、生臭い話題は馴染まないのでは?」という観点では全くその通りです。色々心配でも、私的に運営されている掲示板には馴染む話題とそうでないものがあります。

脱線しましたが、私の提案は

・今年はサイズを狙おう。これだけ鮎が薄ければ、8月以降は大鮎の期待が大きいです。
・運営側は、下中さんのお陰で飯を食えていた事を思い出し、真摯に反省してお墓参りに行こう。
・川鵜の被害は間違いなくあるが、京都や滋賀のように川重に釣糸を貼るのは無理だから、ダメ元で皆が行政に「害鳥駆除(直接射撃での駆除)」を訴え続けよう。
(どこに言ったら良いかはわかりませんが、県庁とか内水面なんとかとか市役所とかどこでも)
・川に行ったら釣れても釣れなくてもゴミを拾って帰ろう。

こんな感じです。

誰かに尺鮎が釣れると良いですね。
 

河川状況

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 6月 7日(木)07時17分58秒
返信・引用
  6月7日(木)7時現在 南川 口名田

10cm高  濁り無し

昨日の雨も、殆ど増水せず、鮎が散らばるような水量とはなりませんでした。
厳しい状況が続きます。

梅雨の雨に期待です。


南川を愛してくれる、友釣り好きの仲間が集まる、
楽しい掲示板にしましょう。
 

Re: 若狭河川組合について。

 投稿者:南川の天然鮎2のファン  投稿日:2018年 6月 7日(木)00時17分37秒
返信・引用
  > No.2412[元記事へ]

> 教えてください、ここの河川の組合長さんは、どこかの市区町村の議員をされていると聞きましたが?悪くなった原因はそれ??



知るか??しゃあもない投稿するなぁボケ??
 

Re: 若狭河川組合について。

 投稿者:鮎釣り師  投稿日:2018年 6月 6日(水)21時02分32秒
返信・引用
  > No.2393[元記事へ]

教えてください、ここの河川の組合長さんは、どこかの市区町村の議員をされていると聞きましたが?悪くなった原因はそれ??
 

今年も厳しい?

 投稿者:大阪のまな  投稿日:2018年 6月 6日(水)12時57分13秒
返信・引用
  いつも情報をありがとうございますm(_ _)m
最近はこの板荒れ気味と思うのは私だけ?ちょっと悲しいです。

好意で情報をUPされているのでありがたいです
7月の声を聞く時に期待してます。

最後に、色々と書きたいですが苦情をこの板に書くのは御門違いと思います。
 

海産天然鮎

 投稿者:はぐれ鮎師  投稿日:2018年 6月 6日(水)01時42分38秒
返信・引用
  昔の新聞の解禁情報には、河川別に天然遡上鮎を”不良””良好”等本当に
誤魔化しなく情報が記載されていました。
なぜなら天然は自然環境により好不調の波が年毎にあったからと思います。

最近の新聞は”例年並み””ソ上あり”とか本当に誤魔化しが多くなりました。
日本海側の川(山陰から北陸)はここ4、5年天然アユが激減し上記の誤魔化し
しか書けない様になりました。

放流鮎も姿が見えない状況が日本海側の各河川で発生しているのは、
「狙われやすい放流鮎と川の形態との関連について」隊員3号様が記載
されているとおりだと思います。
特に河川環境の悪化で砂利が多くなり、鮎も含め魚類の隠れ家となる
大石・葦・ネコ柳等の減少がカワウの捕食に拍車をかけているのでは。

カワウ対策や放流量を増やし鮎の釣り堀化は、お金を掛ければ可能と
思いますが、早期解禁で団子鮎を釣るのも如何なものかと。
天然遡上のある川は、ドブ釣りと友釣りの解禁日を区々にすべきでは?
天然アユを守ると言っても、地元の方等は網入れを楽しみにしている方も
居られますので、全域周年友釣り専用区にはできないでしょうが。

また河川環境の方ですが、戦後に植林された杉やヒノキが大木化し、広葉樹
の減少に伴い山の保水力が少なくなり、大雨の時水が一度に河川に溢れるとか
鹿が多くなり食害で土砂の流出が多くなるとか、用水路のコンクリート化で
水草による浄化がなくなる等、複合的な河川状況の悪化が稚鮎の育つ内湾の
環境にも影響があるのかも(海水温が20度以上で稚鮎が死滅とも言われています)

ボヤいたり嘆いて文句を言っても何も解決せず、急には好転しないので、多角的に
できることから皆で意見を出し協力していきませんか。
 

釣果報告

 投稿者:パンチ健  投稿日:2018年 6月 6日(水)00時09分8秒
返信・引用
   本日の釣果報告です(なんとかつ抜け出来ました(^^))。


6月5日(火)

天  気:薄曇り

水  況:平水~やや渇水気味

水  温:昼・19℃

場  所:今富大橋下の瀬(尾崎堰堤下流域)

時  間:am10:30~pm1:30

釣  果:12cm~17cmを 11匹

仕 掛 け:竿・9m(穂先SMT) 水中糸・フロロ0.175号 中ハリス・0.6号(極楽背バリ&がま,ピット逆さ2)

ハ  リ:一角6号×4本


 尾崎堰堤下流域が川の色が良いのでチョッとやって来ました、只、桂の瀬~相生橋辺りも石の色が良かったので

余程 後ろ髪を引かれましたが・・・。


画像1:不思議なことに、放流物もまじりました(やはり大型台風の翌年は味は格別ですわ)。

画像2:赤色でペイントした瀬肩の右岸のヘチで9匹、流芯から瀬尻の開きでビリ2ピキ(~_~)。

画像3:昨年まで使っていたプラの検寸台が割れたので、アルミ複合板 600×900 で作ってみました

    25匹を4列で撮影できます(^-^;。


 (おわび)前回の釣果報告にて、毛鉤名人のことを何でも教えてくれる的な事を勝手に書いて仕舞いましたが

後日確認したら、やはり毛鉤の色や巻き方は門外不出の秘伝の技と言う事だそうです私の認識不足の記事で

誤解を招きましたらゴメンナサイです<(_ _)>。ただし、川でお会いした時 声を掛けて下されば、

釣れているポイントや仕掛けの概略やらはアドバイス出来るとの事でした。

 

南川の天然アユを護りたい

 投稿者:南川守り隊 隊員3号  投稿日:2018年 6月 5日(火)20時58分25秒
返信・引用
  「南川の天然アユを守るために対策を」との指摘だけではダメだと思い、少し調べてみました。あくまでも一般論と「釣り専用区に鮎が見えない、釣れない」という複数の意見からの私的な推論、仮説となりますがご容赦ください。
まずカワウの害ですが、カワウは一日500gも捕食するそうです。放流魚は遡上鮎に比べて遊泳力に劣り、カワウにおびえて群れで行動することから、捕食されやすいことは容易に想像がつきます。しかも襲われた時に、隠れ場所となる水中のヨシやヤナギも少なくなりました。深い淵に逃げ込めば大丈夫ではと思ったのですが、カワウは羽の中に空気を蓄えないことから、その潜水能力は高くて逆に格好の餌食となる可能性があります。さらに食害だけでなく、おびえて群れで逃げ惑うことから縄張りをもたない鮎の増加も懸念されます。食害による減少と生態変化の複合作用によって一層鮎が釣れなくなっているものと思われます。カワウ対策としては末尾に参考資料名を記載しておきます。
つぎに冷水病ですが、蔓延する以前、1990年代は放流の歩留まり率が60~80%あったものが、最近ではひどい時には10%、平均でも約40%とのデータがあります。そこで、以前の3~5gの仔鮎放流から、より冷水病に耐性が高い10g以上の放流が主流になったそうです。
ところで、環境汚染の影響もあり、1970年代には絶滅が危惧されていたカワウが、なぜ全国的に鮎の食害が問題となるまでに繁殖したのでしょうか。生態系や食物連鎖から考えると、カワウの天敵である猛禽類などは激減した一方で、エサは義務的放流によって多額の経費を使って、遊泳力の劣る捕食しやすい格好のエサを買い与えた結果、加速度的に繁殖したとすれば容易に理解できます。さらに、駆除活動や追い払いなどによるコロニーの分散によって、全国に拡散してしまったのでしょう。
ところで、南川下流域の谷田部地域にはカワウ100羽程度のコロニーが存在しているそうです。
今年、南川の釣り専用区に放流されたのは315kgです。琵琶湖産は約12g、県産では約5gの仔鮎だと聞きました。特に湖産の大きさは、冷水病に耐えられるとしてもカワウに狙われやすいサイズではないかと心配です。
仮に冷水病による平均歩留まり率を全国平均の40%とすると、126kgの残存となり、カワウ100羽が釣り専用区に集中したとして2日半で食べつくす量です。が、それは少し非現実的ですので、私が実際に早朝の散歩で何度も飛来を確認している20羽程度の群れで再計算すると、12.6日での完食となります。そういえば、最近では名田庄大橋から久坂橋までの間で多くとも2.3羽しか早朝散歩では見かけなくなりました。狙われやすいサイズの放流鮎が捕食によって激減した証拠ではないでしょうか。
つぎに天然遡上鮎について考えてみます。サンライズさんの報告によれば中流域の中井橋や口名田橋付近には多くの天然遡上鮎が群れを成しているとのことです。生育が非常に楽しみな状況ですが、気がかりなのは、若狭河川組合の屋台骨を支えていただいた、遠来の友釣り師を惹きつける、美味しい鮎を育てる、釣り専用区など、南川上流域にまで中井橋や口名田橋の鮎が遡上するのかどうかということです。
天然アユを取り戻す活動をされている、高知県のタカハシ河川生物調査事務所によれば「鮎が遡上する距離(流程)は遡上量が多いほど上流まで上る」とされています。至極もっとも。アユは動物性たんぱく質を食べて生育、遡上し、最終的に縄張りを形成してコケを食むわけですから、下流域から徐々に上流へ、過密状態を避け、安定して生きていける縄張りを求めて遡上するのでしょう。
疑問なのは、4年前の解禁日までは、天然遡上アユが少なくとも久坂橋まではすでに遡上していたということです。例えそれが釣りの対象にならない小ぶりのものだったとしても。昨年同様、盛夏を迎えても鮎がいないという状況になりはしないかと危惧しています。
前述の研究所によれば、遡上と水温の関係は、8~10℃で遡上を開始し、最盛期は14~17℃。20℃を超えると遡上は終盤となるそうです。しかし、小型のアユは真夏でも遡上することもあり、遅生まれ(12~1月生まれ)のアユは7月でも活発に遡上するとのことですが、昨年の台風21号は10月末に若狭地方に上陸し、豪雨によって南川は数年に一度の大増水となりました。したがって、遅生まれのアユを期待するには、今年は条件が悪いと言わざるを得ません。
いずれにしても、天然鮎の遡上調査をすることは非常に重要だと思います。
最後に、解禁日について考えます。南川・北川の解禁は県内トップです。近隣や他府県からの釣り客に年券を買っていただくための戦略だと思いますが、天然アユの生育や遡上の遅れをカバーし、解禁当初に満足頂くためには、放流をしなければなりません。パンチさんによれば、天候に恵まれた今年の解禁日の中流域の水温は16~19℃との報告です。上流域ではもう少し低いものと思われますが、好条件でもこの水温ですから、早い解禁に間に合わせるための放流時期はまさに冷水病の発生しやすい水温となっていないか心配です。逆に歩留まりが良いと天然鮎と交雑し、海水域で死滅する種苗が増え、天然種苗が減少する可能性があります。
全国的な鮎の漁獲高の減少と、長年にわたり放流量が増加してきた琵琶湖産鮎との相関関係は、カワウの増加や天然遡上鮎の減少など最近の現象の説明がつきやすいと考えるのは私だけでしょうか。
 さて、南川の近年の状況について、いろいろと勝手な仮説を立てました。最悪のシナリオ想定が杞憂に終わることを望みつつも、現状の対策が功を奏さない以上、戦略を変えるのは何事においても常道です。
批判するのは簡単ですが、組合も、釣り師も、地元も遠来も、南川の天然アユをこよなく愛してくださる、心ある皆さんは、協力して対策を考え、実行すべき時ではないでしょうか。


参考文献など
水産庁「内水面生態系管理手法開発事業報告書」2003年
環境庁「特定鳥獣保護管理計画カワウマニュアル」2004年
全国内水面漁業組合連合会・水産庁「カワウってどんな鳥」
2008年 長岡技術大学 山本麻希先生
「天然アユが育つ川」タカハシ河川生物調査事務所 農学博士 高橋 勇夫著
水産庁「鮎冷水病の現状と対策について」アユ冷水病対策研究会
 

追記

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 6月 5日(火)08時54分53秒
返信・引用
  前にも書きましたが、
昨年の秋の台風被害の災害復旧工事が南川だけで
30本近い工事が発注されております。
これらの工事により、平日、工事現場下流に突然濁りが出る場合もありますのでご了承ください。
工事は上流部に多いようです。

どこの河川も同じだと思いますが、『災害復旧工事』は、鮎の漁期でも待ってくれないようです。
 

河川状況

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 6月 5日(火)08時45分17秒
返信・引用
  相変わらずの状況です。
特に上流部分、支流は全く鮎が見えません。(各橋の上からは)
昨日も数名入川されてましたが、早々に竿をしまっておられました。

6月5日(火)南川 平水 にごり無し

ちょっと、楽しみな情報ですが、中井橋上流のチャラ瀬に鮎の大群が数日前から
時間帯によって現れます、
写真の赤線の部分、特に色の少し黒い部分は鮎だらけです。ギラギラです。
大げさじゃないですけど、数千、いや、万はいるかもしれません。
おそらく、天然遡上の鮎です。
こういう場所が、口名田橋下流、その他数箇所にも見られます。
しかし、釣れるような鮎じゃありません。
今後、梅雨入りて水量が増え、バラける事に期待します。
 

命の洗濯

 投稿者:老釣り師  投稿日:2018年 6月 4日(月)17時45分48秒
返信・引用
  暇なので年券(もう30年以上買ってる)買って川に入りました。
人がいなくて清々しい気分でした。皆様の釣れないとの貴重な情報で
釣れる気もなく川の中を歩いて1時間ほど遊びました。
白馬さんの言う通り垢の状態が悪く石に付いてません。
小さい遊び鮎はある場所で見たので、一雨どっと降れば又楽しみも
有るのでは。年々どこの川も悪くなっているので仕方ない面も有るが、
解禁はもっと後にして放流も早すぎると思う。(死んでしまうのでは?)
 

南川釣行

 投稿者:白馬のジムニー  投稿日:2018年 6月 4日(月)12時36分32秒
返信・引用
  今年初の南川の釣行に3日(日)に行きました。
皆様が言うように多くの場所は川の石の色も悪く、鮎の見えない場所があります。

でも色のいいところには遡上の鮎は確認できました。
ただ、まだ縄張りももたずチャラの石を仲良くなめています。
更に魚が見えるまで間合をつめると一気に逃げます。
鵜がいじめているせいでしょうか?

放流の鮎は見えなかったです。
大きさは全部遡上鮎のみ。。。

チャラでじーっと座って15分もすればキラキラと腹を返しておいしそうにお食事している
所を竿の影を落とさないようにそっーと入れて、3時間で2つ取れました。疲れたから昼で上がりました。

今年の南川の感想は鮎がいないとは思いません。
竿のとどかない淵の岩盤にはかたまっていましたし、チャラにもいます。

ただ、やる気のある鮎ちゃんは今のところいないと思っています。
もしくは私の腕のせいでしょう。誘いが下手(笑)

これからの梅雨で川を洗い、気温・水温も上昇すれば
いままで出てこなかった鮎ちゃんが顔を出してくれると思います。
後半が楽しみです。(昔和歌山の富田川でこのパターンがよくありました。)

ただ、、私が好きだった場所が砂で所々なくなっていたのは残念です。
またその内にいい場所が出てくれる事を期待しながら今後も楽しみます。

今年も後半デカイの釣れそうwww

最後に
囮は1匹だけ少し元気がないのも知りながら缶に入れて(こねくり倒して他のお客に迷惑掛けたくない。良い鮎引くのも運試し!)
30~40分ほど朝食とる時間で、深い場所の川の水に馴染ませたら色も良くなって泳いでくれました(笑)

真夏では難しいでしょうけど、今の水温なら何とかなりました。
多分真夏だと入れたとたん水面ピタンピタンするかな?

それまでにコンディション整えて頂くと助かります。頑張ってください!

占う魚。。。これだから鮎はおもしろい!

 

(無題)

 投稿者:サンライズ  投稿日:2018年 6月 4日(月)11時08分38秒
返信・引用
  色々と不愉快な思い、ご迷惑をお掛けしていります。
私から返答できるものに関してお答えいたします。

まず、試し釣りは若狭河川では私が記憶する中では実施した事がありません。
今年も行っておりません。
かつては実施した事があるという話も聞きましたが何十年も前の話かと・・・

解禁の日程は、毎年3月末の理事会にて決定いたします。
よって直前の河川状況によって決められたものではありません。
解禁直前に解禁日を変更するのは難しいかと・・・(私の個人的意見です)

囮については、各囮店にお任せしています。
組合からも良質の囮を提供するようにお願いはしておきます。

組合HPにつきましては再度事務局の方に更新のお願いをしておきます。

河川状況につきましては、このホームページで私のほうから出来る範囲で報告させていただきますが、囮屋の親父さん程はマメに出来ないかもしれません。
パンチさんもこれからも報告お願いいたしますよ。


皆さまの貴重なご意見、必ず伝えておきますので。


皆さまの貴重なご意見、必ず伝えておきます。
 

組合員の方へ2

 投稿者:神戸の風  投稿日:2018年 6月 4日(月)07時51分53秒
返信・引用
  昨日、やはり現状が気になり南川へ
年券を買い、囮を買い・・・
囮、悪すぎます!
川の様子を考慮した囮ではない。
しかも、いつ仕入れた囮でしょう

ほんまに、鮎見えませんって言うか、おりません。
友釣りを始めて十数年、坊主で帰宅したのは初めてです。

相変わらず、河川組合のHPの河川状況は更新されてませんよ~
サンライズさんは、組合の方ですよね~
放流されてるんですから
この掲示板で遠方から来ている釣り師の意見を幹部に読ませて下さい!
そして、毎朝HPの更新はするように!
これって、河川組合なら基本ですよ。
 

無題

 投稿者:下手な釣り師  投稿日:2018年 6月 4日(月)05時50分28秒
返信・引用
  これから南川に行きます。川を見て竿を出しているのが楽しいです…
南川にはほぼ35年ほど行っております、年券買っても数回程度の年もあります、
今年も始まったばかり…坊主覚悟していきます。
 

レンタル掲示板
/23