スパスタ質問掲示板



カテゴリ:[ 英語 ]


新着順:9/328


[335] chapter12

投稿者: Brille 投稿日:2013年12月17日(火)10時29分35秒 182-164-238-225f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

P143, MORPHOLOGICAL DEVELOPMENTの 過剰一般化を説明している段落
①It is reported that….②Later, when they realize that….
③After a period characterized by overgeneralization of the rules, children generally learn the exceptions of those rules and begin to use the adult form again―but this time, analyzing them as bimorphemic, or containing two morphemes.

③において、
1.but this timeのbutは、その後の内容と何を比較しているために用いられているのでしょうか。
2.adult formが示すものは何でしょうか。
――――――――――――――
1.①の内容である「不規則の形態?(irregular form)も単一形態素見なしている」と比較しており
→2.③のadult formは、irregular formを示す と考えたのですが、自信がありません。

1・2のように考えたのは、
・②において、「過剰一般化は、irregular formが二つの形態素から成ると気付いたときに起こる」と読み取れる
(→この時点で、たとえば規則動詞へ屈折語尾を付けた場合の内部構造は理解している?)
・③のagain
の二つが理由です。
しかしadult formを「大人の形式一般」(通常の文法規則が当てはまる例も含む)と考えない根拠として、
これらが適切か、あるいはこれだけで十分なのかは、よくわかりませんでした。


新着順:9/328


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.